• てぃだまち倶楽部

環境と障害

最終更新: 2020年12月9日

私も子供が小さい時にはベビーカーを使い、駅などのエレベーターを使っていました。

どうしても、片手にベビーカー、片手に子どもを担いで階段を上るのはきつく、エレベーターには大変お世話になっておりました。

こういったエレベーターがなければ、気軽に自由に外出することも難しかったでしょう。

近年、障害の主な考え方は人の中にあるという「医学モデル」から、健常者向けの環境と障害者の間に生じる食い違いだとする「社会モデル」に変化してきました。


今回のコロナ禍で外出出来ない方が多く、誰もがこういった不便を感じ、学ぶ機会が生まれたと思います。


やはり、障害は人そのものにあるのではなく、社会環境が生んでいるものも多いと思われます。

目が不自由であっても、一人で外出できる環境を整えたり、車いすでも不便なく移動出来れば、「目が見えづらい」や「歩きづらい」は障害ではなくなります。


全部が全部一気に変えることは難しいですが、徐々にみんなの意識が変わり、気付けるようになれば変わるスピードも早くなることでしょう。


#障害 #発達障害 #医学モデル #社会モデル #美浜区 #発達障害 #児童発達支援事業所 #検見川浜駅

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

グループ会社

絵本と太陽の保育園

てぃだまちキッズ

旅行に行けるカラダを

​つくるデイサービス

まちのカフェレストラン

​てぃだまちテラス

ロゴ.jpg

福祉事業に特化した

​コンサルティング会社

Copyright © Eldertainement Co.LTD. All Rights Reserved.

  • Facebook
  • Twitter